そもそも自賠責保険とはどういうもの?

他人の体への損害に対する補償

自動車を保有するときに必ず入らないといけない保険として自賠責保険があり、加入をしていないと罰則があるので注意が必要です。何を補償してくれる保険かですが、自動車事故が起きて他人の体に損害が生じた時にその補償のためになります。相手の車やその他の物の損害に対しては補償はできませんし、自動車の保有者や共同運行者の傷害や亡くなったとしても補償はありません。車同士の衝突事故があり補償をしないといけないとき、相手の車の運転手や同乗者に対して補償ができますが、それ以外に自分の運転している車に同乗している保有者や共同運行者以外の他人にも補償が可能です。このときに使われる他人は保有者や共同運行者以外を指し、子供などの家族を補償対象にするときもあります。

損害に対して支払限度額まで補償

自動車保険には自賠責保険と任意保険があり、自賠責保険は必ず入らなければいけません。任意保険の主契約となるのは対人損害賠償保険で、補償の対象は自賠責保険と重なります。自賠責保険に加入していれば任意保険は不要に感じますが、なぜ任意保険で対人損害賠償が必要かです。実は自賠責保険には支払限度額が設定されていて、相手の傷害に対しては120万円まで、死亡時には3千万円までなどが決められています。その限度額内で補償が収まれば問題ありませんが、それを超えると補償が十分にできなくなる可能性があります。自賠責では補償しきれない部分を補ってくれるのが任意保険になります。任意保険への加入では補償額を自由に決められますが、無制限にするのが一般的でしょう。