任意保険とはどういったものか?

自賠責保険では足りない賠償金をカバーするのが任意保険

公道を走っている自動車は、自賠責保険という強制保険に必ず加入しています。そのため、加害者になったとしても、自賠責保険があれば安心だと考えるかもしれません。しかし、自賠責保険の補償範囲内では、被害者に対して、十分な賠償金を支払えない可能性があります。もちろん、そのときは、残りの賠償金を自身で被害者に支払う必要があります。賠償金は下手をすると1000万円単位となるので、多くの人は支払うのが難しいでしょう。その払いきれない賠償金をカバーしてくれるのが、民間の会社が提供する任意保険というサービスです。自賠責保険は死傷のみが対象ですが、任意保険ならば物への損害も対象なので、家や店などに突っ込んだ場合もしっかりと補償してくれます。

任意保険にはさまざまなオプションがつけられる

自賠責保険は被害者のみへの補償ですが、任意保険ならば自身も補償が受けられます。ただし、オプションとして提供される補償も多いので、安心が欲しいなら事前に調べなければいけません。マイカーのための車輌保険や弁護士費用の補償など、いろいろあるため内容を理解した上で契約しましょう。ちなみに、任意保険は1日だけ契約することも可能です。現在では、当日にコンビニで契約できるので、知人の自動車を借りるときなどに活用しましょう。なれない自動車の運転は、それだけで事故を起こす確率が高まるので、1日だけだといっても任意保険には加入しておくべきです。500円程度で入れる任意保険もあるため、安い費用で事故を起こしたときの安心を得られます。