自賠責保険の期限に注意

自賠責保険の期限はいつまでか

自動車を購入し公道を走行する場合には、自賠責保険に加入しなければならないことになっています。任意保険とは異なり強制保険と呼ばれるものになりますので、加入しなければ運転することはできません。この時問題になるのは、いつまで自賠責保険の期限があるかです。実は、自賠責保険の加入期間は決まっておらず自分で決めることが可能になります。最低で1か月から37カ月の範囲で加入することが可能です。自動車を購入するときに、次の車検まで自動的に加入することになりますのでたいていの場合は25カ月か37カ月のどちらかになるでしょう。新車以外は2年に一度の車検ですので、25カ月後が期限になりますが、新車の場合は3年後に車検ですので37カ月後が期限です。

車検の期間と若干ずれていることに要注意

自賠責保険の期限は、たいてい車検の期限と一致することになりますが実は若干ずれが生じる点に注意しなければなりません。例えば、自動車を購入して車検が2年後にある場合でも24カ月後が期限になっているわけではなく、25カ月後が期限となります。なぜ2年なのに1か月長い25カ月の保険に加入しなければならないかといえば、車検と自賠責保険の有効期限満了時点には若干のずれが生じているからです。 車検の場合は、有効期限が満了する日の23:59までは有効になります。一方自賠責保険の場合には、有効期限が満了する日の正午までとなっているため24カ月契約だと最後の半日間は自賠責保険がない状態で自動車を利用することになるわけです。これを防ぐために自賠責保険の期限を25カ月としています。