任意保険の料金はどうやって抑えればいい?

保険会社自体を変更する

実は自動車の任意保険を抑える方法として最も手軽で効果的なのが自動車保険を契約する会社そのものを変えてしまう、という方法です。特に店舗型の任意保険に加入している人は一度ダイレクト型自動車保険への変更を検討してみてください。もちろん補償内容はしっかりと確認する必要はありますが、場合によっては半額近くにまで任意保険の料金を節約できる場合もあります。ダイレクト型の自動車保険は事故の時の対応が不安だという人も居るかもしれませんが、決してそのようなことはなく、事故の時の対応はとても丁寧ですしサービスも充実しています。ダイレクト型自動車保険が料金を安く維持できる最大の理由は店舗を構えていないからであって、決してサービス面が劣っているわけではありません。

保障内容を見直してみる

もし契約する自動車保険会社を変更する気がないのであれば、現在の保障内容を見直しましょう。例えばその保険の対象者はどのようになっているでしょうか。もし夫婦二人しか車に乗れないのに保障内容が全年齢になっていたり、家族全員になっているのであればすぐに年齢制限を設けたり保証対象の範囲を狭めるなどしましょう。補償対象の範囲を狭めたり対象年齢を引き上げたりすることによって保険料を安くすることができます。また10年以上乗っている車に対して100万円もの車両保険を掛けるのはその車の価値から考慮すれば勿体ないといえます。車は乗車すればするほどその価値が低下していくので、ある程度の年数乗車した場合は車両保険の料金を引き下げることで保険料を節約できます。